人形と紙幣

信頼できるマンション管理会社を見つけよう|途中で変更も可能

不動産に投資する

積み木と紙幣

不動産投資とは居住目的で購入した不動産ではなく、純粋に金銭的利益を目的として所持する不動産の事です。不動産投資は株式投資のように資産的価値がゼロになる危険がない為、「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われている投資法です。しかし、不動産投資の手法によってはリスクが大きく変動する他、天変地異による建築物の崩壊、買い手や借り手の不在などによる資産価値の急激な低下など、投資である以上、リスクは絶対に存在します。また土地の価格は景気や金融政策で変動しやすい資産でもあります。八十年代末のバブル景気から九十年代のバブル崩壊、その後の土地価格の変動が良い例だと思われます。不動産投資を行うには細心の注意が必要です。

不動産投資には二種類の投資法があります。マンションなどに投資し、毎月安定した家賃収入を得るインカムゲインと呼ばれる手法と、購入した不動産の価値上昇を持ち、購入金額以上の価格で不動産を売却して利益を上げるキャピタルゲインと呼ばれる手法です。不動産投資におけるリスクを考慮すると、安定した収入が得られるインカムゲインが、よりローリスクで確実と言えます。キャピタルゲインは一度の売買で莫大な収入を得られる可能性はありますが、確実に成功させるには卓越した知識と経験が必要と言われています。不動産投資の大原則として、将来有望な不動産を見極める能力が何よりも重要です。最低でも立地と築年数の確認は怠ってはなりません。